JAむなかたについてJAむなかたについて

JAむなかたの自己改革

JAむなかたがおこなう、自己改革へ向けての取り組み

JAむなかたの自己改革

高品質米生産支援奨励制度とは

JAむなかたは「おいしいむなかた産米は良質な土壌作りから」を合言葉に土壌改良資材の推進に取り組んでいます。
高品質米生産支援奨励制度とは以下の条件を満たす方に、出荷玄米1俵(60kg)につき500円の奨励金をお支払する、JAむなかた独自の制度です。
(10アール当たり4,000円が限度)

奨励金対象者となる方

①JAむなかた組合員
②JAむなかたへ米を出荷している方
③JAが指定する8銘柄で、定められた成分・散布量を基準として土壌改良資材を使用している方
④お米の生産調整を達成し、利用権のある水田に使用している方
⑤毎年、食味検査・栽培履歴管理・作付診断を実施している方

以上①~⑤を全て満たす方

高品質米生産支援奨励制度の目的

高品質のお米を生産するために、土壌改良材の計画的な散布を行い、むなかた産米の品質及び収量の増加を目指し、農業所得の向上につなげることです。

高品質米生産支援奨励制度の目的

土壌改良材の散布はJAにお任せ!

高品質米生産支援奨励制度の目的

土壌改良材の散布は美味しいお米を作るために、とても大切な事ですが、専用の機械がないと難しい事でもあります。年齢的にも厳しいなどの声も聞かれます。JAむなかたでは農作業受託事業によって作業を代行する事が可能です。JAに委託する事で、機械を買う必要もなくなり、地力も回復、そして、奨励金もお受取りいただけます。
良質な農作物が期待できるとあって年々需要は増加しています。

JAむなかたMOVIE【高品質米生産支援奨励制度】

Copyright ©2015 JAむなかた All Rights Reserved.

  • 一般財団法人むなかたちいき農業活性化機構
  • 道の駅むなかた
  • JAネットバンク法人
  • JAネットバンク

このページのトップへ