JAむなかたからお知らせJAむなかたからお知らせ

活動トピックス

JAむなかたの活動報告です。

活動トピックス

JAむなかたの活動トピックス

  • ジュニア野菜ソムリエ特製スムージーを提供

    平成26年10月6日

    ふれあい生活課のジュニア野菜ソムリエが、「道の駅495祭り」で賑わう「道の駅むなかた」で新鮮な野菜を使った話題のスムージーを実演。小松菜・バナナ・牛乳などで作ったスムージー300杯を会場の皆さんに配り、美味しいと評判でした。

  • 「家の光 愛読者の集い]で笑顔

    平成26年10月3日

    家庭総合雑誌「家の光」の年間購読者100人が参加した愛読者の集い。購読者3人が記事がきっかけでヤギを買い始めたことや、仲良しの皆と「家の光」の話題で話が弾むことなどを発表。会場は笑いに包まれていました。
    さらに後半は、料理研究家の村上祥子先生が「2時間でできるおせち料理9品」を楽しく実演。参加者は次々と出来上がる料理も楽しみながら、耳を傾けていました。

  • 「年金友の会」グラウンドゴルフ大会開催

    平成26年9月29日

    台風で1週間延期となるハプニングがありましたが、当日は一転して爽やかな秋晴れに。管内各地から213人が参加して元気にプレーを楽しみました。
    年に一度皆さんが集う大会、会場には賑やかな声が響いていました。この大会の上位41人は県大会に出場します。
    また、健康に気を配り毎日を若々しく過ごされている長寿の皆さん(喜寿11人、米寿3人、最高齢[男性97歳、女性95])にプレゼントをお贈り、お祝いしました。これからもますますのご活躍をお祈りいたします!

  • 小学校で米と米粉についてお勉強

    平成26年9月22日~

    福岡市中央区の福岡教育大学付属福岡小学校6年生40人が、米や米粉について勉強。授業はこれまでに2回行われ、JA職員や宗像市の米農家が米作りにかける思いや米の持つ可能性などを話しました。子どもたちのほとんどが農業と関わった経験がなく、真剣に耳を傾けていました。
    米に関する授業は今後も続き、子供たちはこれからオリジナルの米粉パンを考え、学校のお祭りなどで販売する予定です。

  • 「家の光」を活用して、楽しく料理

    平成26年9月19日・25日

    今回の「家の光活用講座」は米粉を使った餃子作り!人気のため、2日に分けて開催されました。
    参加者は、「餃子の生地から作るのは初めて。まるく成形するのは大変でしたが、モッチリして美味しい。ぜひ家族にも食べさせたい」と話していました。

Copyright ©2015 JAむなかた All Rights Reserved.

  • 一般財団法人むなかたちいき農業活性化機構
  • 道の駅むなかた
  • JAネットバンク法人
  • JAネットバンク

このページのトップへ