高齢者福祉サービス高齢者福祉サービス

介護ステーション

JAむなかたの高齢者福祉サービス 住み慣れた地域で安心の老後ライフ

介護ステーション

介護が必要になっても「住み慣れた地域・住み慣れた我が家」でいきいきと生活できるよう真心こめてご支援いたします。

申請からサービス利用までの一般的な流れ

マークのついている介護事業は、JAも行っております。

  • ① 申請

    市の担当窓口に申請します。本人のほか、家族や成年後見人でも申請出来ます。

    ※代理申請も可能です(更新依頼も含む)

    • 地域包括支援センター
    • 居宅介護支援事業者ケアプランセンター
    • 介護保険施設
  • ② 認定調査

    訪問調査 調査員などが自宅を訪問し、心身の状況や居住環境について、調査を行います。
    主治医意見書作成 市の依頼で主治医が心身の状況についての意見書を作成します。

    ※主治医がいない場合は、市の指定した医師が診断します。

  • ③ 審査・判定

    介護認定審査会(保健・医療・福祉の専門家)によって、審査・判定されます。

  • ④ 結果の通知

    介護の必要度合い(要支援・要介護)について、原則として30日以内に結果の通知が来ます。

    ※非該当と認定された場合は、市区町村が行う介護予防事業(地域支援事業)を利用出来ます。

    • 宗像市いきがい活動支援通所事業 さわやかクラブ
    • 福津市はつらつ高齢者育成事業 デイサービスセンター愛あい
  • ⑤ ケアプランの作成

    • ケアプランセンター

    利用するサービスの内容や時間を具体的に盛り込んだ介護サービス計画(ケアプラン)を作成します。

  • ⑥ 介護サービスの開始

    ケアプランに基づいた介護サービスが開始されます。JAむなかたは在宅介護をめざし、以下のサービスを行っています。
    また、ケアプランに応じて施設入所や地域の事業所を紹介します。

    • 通所介護(デイサービス)・・・デイサービスセンターみのり
    • 訪問介護(ホームヘルプ)・・・ヘルパーステーション

    ※介護保険認定外の方や介護保険の対象とならないヘルパー派遣サービスは、有償で“JAの独自事業”高齢者生活支援事業(光友の会)を利用することができます。

Copyright ©2015 JAむなかた All Rights Reserved.

  • 一般財団法人むなかたちいき農業活性化機構
  • 道の駅むなかた
  • JAネットバンク法人
  • JAネットバンク

このページのトップへ